discography

Fractal Song Released.


Writer :


Type/ : 2020-12-26 / discography


Fractal

Please listen to music -> Release Site List

The wind that crosses the bamboo grove, the ripples that spread in the puddle, and the waves spread from the river to the ocean and remember everything in the past.
As descendants of Stardust, we can feel the beauty of this world, but realize that we do not know any secrets of this world.
The song was born in the 1980s when the "Fractal" advocated by French mathematician Benoit Mandelbrot was introduced to Japan.
The "Fractal" seems to have unraveled one of the secrets of the world, but the natural world continues to exist with beauty, as if asking further mysteries.
Pursuing the comfort of sound with a free arrangement that deviates from the band style, it is a work that has stepped into a new frontier that is different from the previous NewsGathering.
The song, in which the two lyrics proceed at the same time, made it possible to enjoy the contrast between the voice qualities of Hoji and Kunio.
Clapping, Percussion, and Tapping Bass,to draw the play of sound on this physical rhythm.
Minimal music, which repeats scene changes with a visual technique, reaches the boiling point with an exploding Guitar and returns to the bamboo grove again.


[竹林を渡る風、水たまりに広がる波紋、波は川から大洋へと拡がり過去の全てを記憶する。
星屑の子孫である私たちは、この世界の美しさを感じることはできるが、この世界の秘密を何一つ知らないことを悟る。
フランスの数学者ブノワ・マンデルブロが提唱したフラクタルが、日本に紹介された1980年代にこの曲は生まれた。
世界の秘密の一つを解き明かしたように思えたフラクタルであるが、自然界はさらなる謎を問いかけるように、、今も美しさを湛えて存在し続けている。
バンドスタイルを逸脱した自由なアレンジで音響の心地良さを追求し、これまでのNewsGatheringとは一線を画した新しい境地に踏み込んだ作品となっている。
ふたつの歌詞が同時進行する歌は、ホージとクニオの声質の対比を楽しめるようにした。
クラッピング(手拍子)とパーカッション、そして両手で弦を叩くタッピング奏法ベースによる、肉体的リズムの上に音の戯れを描く。
映像的手法で場面転換を繰り返すミニマルミュージックは、炸裂するギターで沸点に達し、再び竹林の中に帰っていく]


trial listening



[ Lyric ]

Just like a ripple of rain on a puddle of rain. Sea wave never knows time.
水たまりに降る雨の波紋のように。海の波は時を知らない。
(Just...............love rain day..................and I see.)
(ただ雨の日が好き、そして分かった。)
Watch the circle line on your last night only a star light.
昨夜、環状の線を星の光だけで見た。
(Wall............full line curved...... I saw only a star light.)
(ずっと曲線を描く壁、私には星の光しか見えなかった。)
(We never know yo) Just a shape Whole world.
(私たちはあなたを知らない) 全世界を形作るあなたを。

Dust of the universe, only past light. Reasons recognized real.
宇宙の塵、過去の光、本当の理由が分かった。
(Dance.........river run...............and I read.)
(踊るような川の流れを、私は読みとる。)
Just make s source of life, on the asteroid. Orion star light.
小惑星で生命の源を作る。オリオン座の星の光。
(Just..................of life seed......... I see Orion star light)
(それは生命の種、オリオン座の星の光を見る。)
(We never know yo) Just a shape Whole world.
(私たちはあなたを知らない) 全世界を形作るあなたを。

Blowin’ in the wind across in the bamboo grove. Seasons responds to life.
竹林に風が吹き渡る。季節は人生に反応する。
(Blow..................across green...............and I see.)
(緑を風が吹き渡る、そして分かった。)
Just kidding make a lie for your proud mind, only a star dust.
あなたの誇り高き心に嘘をついたのはほんの冗談、ただの星屑。
(Just..................a lie told............... I saw only a star dust.)
(嘘をついた、星屑だけを見ていた。)
(We never know yo) Just a shape Whole world.
(私たちはあなたを知らない) 全世界を形作るあなたを。