blog

ドニー ダーコ


Writer : matsushi


Type/ : 2021-01-12 / blog

Amazon primeで「ドニー ダーコ」を見た。難解な映画だというネットの評判である。何回も見直す人が多いらしい。
一回見た印象ではたぶん次のようだろうと仮説(個人的解釈)を立てた。
・監督がタイムスリップ、タイムループモノを作ろうとしてエンディングをどう収めようか分からなくなった説
・主人公がエンジンの下敷きになって死ぬ間際に見た一瞬の夢だった説
・歌詞とともに挿入されるtears for fearsのmad worldに触発されてサイケなストーリーを創作した説

ネットでは、続編が作られ、そこで全ての謎が明かされるのではないかと期待している人が多いようだ。
と書いて、「ドニー ダーコ2」があるらしいことを知った。映画として日米ともに公開されておらず、現在DVDも無いようだ。Amazon primeにも見つからなかった。輸入DVDで見た人によると典型的な一作目劣化版でスタッフも違うとのこと。
一作目の監督リチャード・ケリーは映画化権を持っていないらしい。それでも一作目が好評だったので一作目のディレクターズ カット版を作ったらしい。
ともあれ「ドニー ダーコ2」は名前こそ続編だが別物のようだ。

映画の中で僕が覚えている限りの伏線を列挙してみよう。
・主人公は精神的に問題を抱えており薬を服用している、諸々の支離滅裂な事件は一見この副作用のように見える。
・ウサギみたいな格好をしたタイムトラベラー?が出てくる、諸々の支離滅裂な事件はこのウサギが起こしているように見える。
・物理の教師が主人公に相談されて「時間旅行の哲学」という本を貸してくれる、この映画はタイムトラベル物かと思わせる。
・近所の認知症的なお婆さんが実は元学校の教師で「時間旅行の哲学」の著者であった、このお婆さんが謎解きをしてくれると思わせる。

言うまでもなくこれらの伏線は回収されない。
先のディレクターズカットをネットで調べると、「時間旅行の哲学」のテキストが挿入されたりしていてまるでこの本の内容が謎の全てであるような編集になっているらしい。
でもそれはたぶん違うと思う。
これもまたそれらしく思わせる伏線に過ぎないはずだ。
いつになるか分からないが、リチャード・ケリー監督はあっと驚く続編を作ってくれるはずである。

どうでしょう?
興味をそそられましたか?
ナゾは謎のままで、解決されなくても十分面白い。
よくできたSFのようにあっと驚くような結末が無くても、説明が不足していても作品として完全に成り立つ、それもたいへん興味深い作品として。

この映画に作り手としての共感を感じるのは、周到に計画された伏線が回収されずに、そのことがかえって面白みを増していることだと思う。
NewsGatheringの音楽に通じるところがあると感じるのである。

つづく
©️Planet Wave

blog

僕らの音楽遍歴6”オリビエ・メシアン;世の終わりのための四重奏曲”


Writer : kunio


Type/ : 2021-01-07 / blog

今回はオリビエ・メシアン フランスの現代音楽の作曲家。
ところで、2020年はジョン・レノンが亡くなって40年ということで、いきなりオノ・ヨーコの話題から。
ご幼少の頃、フランク・ロイド・ライトの建築作品としても有名な自由学園の幼児生活団に3ヶ月間通ったことがあり、ユニークな音楽教育を受けたと、後のインタビューで語っている。
それは、「身の回りのあらゆる音を楽譜に表しなさい」という課題、
まだ小学校にも行っていないオノ・ヨーコは、音楽的に聞こえる鳥の鳴き声でさえも、楽譜に完璧に表しきれないことを悟リ、後にコンセプチュアルアートに可能性を見出していくことになる、只者ではない。

そして、真逆の意味で只者ではないオリビエ・メシアンの話。
メシアンは頑なに鳥の鳴き声を楽譜に採譜し続けた。
それをピアノ曲にした鳥のカタログって言う曲もある。
(わたしには今一つ鳥の鳴き声に聞こえないが)
共感覚の持ち主だったらしく、音を聴くと色彩を感じるらしい。
冬期休暇に昔の音楽帳を整理していたら、20歳のころ「オリビエ・メシアンの分割法」なんていう図版を書き写したものが出てきた。昔の自分は随分勉強熱心だったようだ。そんなわけで、とにかく、この人の言うことなすことコムヅカシイ。

でも、作品を先入観なしで聞くと、すぐにメシアンオリジナルと分かる変拍子リフ、メロディ、ハーモニーがどんどん出てくるので、一旦ハマれば、ノリノリで聴ける。
代表作の1つ「トゥランガリラ交響曲」をナマのオーケストラ演奏で聴いた時は、血湧き肉躍るように興奮した。
シンセサイザーが世に出る前の電気楽器、オンドマルトノがめっちゃカッコいい。
わたしには、エマーソン、レイク&パーマーと同類の音楽に聞こえる。

メシアンの中でも一番美しい曲は、「世の終わりのための四重奏曲」ということに、異論を唱える方はそう多くないだろう。
色彩感豊かなピアノの和音の上に、この世のものと思えないような調性感の曖昧な旋律が漂い続ける恍惚感の体験は、少なからずNewsGatheringの音作りに影響を及ぼしている。私たちが目指すヨーロッパ的な要素の一つに違いない。
大戦中にドイツ軍の捕虜収容所で作曲、初演され、収容されていた音楽家の楽器に合わせて作曲されたことは有名だが、楽器編成が特殊なので、あまり演奏されない。
この曲を演奏するために、ピーターゼルキンを中心に新進気鋭の若者が集まった「タッシ」の演奏が最高に素晴らしい。
わたしは、70年代に「タッシ」が初演した武満徹のカトレーンⅡを聞いているうちに、この曲にたどり着いた。幸せ者だと思う。
最後にもう一つ余談を、南半球のタスマニアは日本と全く異なる動植物の楽園だ。
郊外の森林の中を散歩していると、今まで聞いたことのない鳥の鳴き声の大合唱に包まれて、まるで、違う惑星に来てしまったような感覚になった。地球はまだまだ広いと思った。
田舎のおみやげ屋さんで、タスマニアの鳥の鳴き声集のバッタもんCDを衝動買いした。日本に帰って、iTunesにCDを取り込もうとした時、CDDB (Compact Disc DataBase) がちゃんと鳥の名前をトラック名に表示してくれたことに妙に感動し、地球もずいぶん狭くなったなぁと思った。15年以上前の話である。
(メシアン:世の終わりのための四重奏曲、演奏:タッシ)

blog

NGの音作りNo6 新曲「Will」のマスタリングとベースの下ごしらえ


Writer : hoji


Type/ : 2021-01-02 / blog

(Will ミックス中の画面)


こんにちは、
NGの音作り6回目です。

前回の続きから、もう少し具体的な内容について書かせていただきまーす。
しかし、NewsGatheringの正式なリリース作業が経験値なので拙いものですが。。。

お!、今日は脱線なしか?
YES!
あっ、そうだ!新年のご挨拶。

あけましておめでとうございます。
今年もNewsGatheringをよろしくお願いいたします。


本日、新曲「Will」が配信されましたので、そのマスタリングの具体的な内容。
使っているプラグインは、以下、
・Linear Phase EQ
・Vintage Graphic EQ
・Multipressor
・Exciter
・Stereo spread
・Phat FX
・Adaptive Limiter
・MultiMeter
です。企業秘密をこんなに簡単に、書いていいのかー? なんて!
これは自分で考え出したものでないので、全然OK。ググれば出てくる。

具体的には、
[Linear Phase EQ]
ハイパスフィルターで、人間の耳には聞こえない、20Hz以下をカット。
[Vintage Graphic EQ]
10kHz以上の音や1kHzの目立つ音を曲よりますが、ブーストします。
[Multipressor]
13kHz以上の音をコンプする(曲によります)。
[Exciter]
上記のコンプした音をきらびやかにする(曲によります)。
[Stereo spread]
高音を左右に広げる(曲によります)。
[Phat FX]
サチレーションをブースト、アンド、50Hz-60Hzの低音もブースト。
で、かつ全体のGainをほんの少し上げる。
[Adaptive Limiter]
全体を少しブーストしながら、Limiterをかける。

音が少しダイナミックになり、音圧も上がります、で、波形は海苔状になる。
(海苔状の波形が音圧が高いと言われますね)
大事なことは、すべて聴きながら何度も確認することかな。自分の耳を信じるのだ!なんて。

それと、「魔法の8kHz」を意識する。前回も出てきましたが、音が「こもる」対策です。低音を少々抑えながら「魔法の8kHz」以降の周波数をブーストすることで解決します。

この後は、バランス調整したり、リバーブエコーを調整したりするんですが、綺麗な透明感を出すには、やはりどうしても、トラックの「下ごしらえ」が影響することも多く、また、最初に戻ることも多いです。これまで何度か話しが出てきていますが、本当に「下ごしらえ」すごく大事です。美味しくなるかはここにかかっています。それと愛情も。まさに料理ですね。

(Willのベースのイコライジングプラグイン)

因みに、Willのベース楽器の下ごしらえは、以下になります。
最初のベースラインのデモアレンジは、LogicProのWoodベースの音で作成していました。
本番は、クニオのアイデアでピエゾマイクを使って録音されました。内容はFacebookでも紹介されてましたね。ピエゾマイクは木の振動音と弦の振動も生々しくマイクに収録されます。今回のアレンジは、Woodベース風、ベースラインは、ピアノにてアドリブで弾いたものを基本に音の配列を整理し、その後クニオが丁寧に再アレンジして正式なベースラインになりました。プラグインは、以下になります。
[BassAmp]
Flip-Topを使用。BASS8.0、MIDDLE6.0、TREBLE6.0ぐらいで、40Hz-100Hzを強調したEQ。
[Compressor]
VIntageFET使用。THRESHOLD-15、RATIO2.1:1、ATTACK15ms、RELEASE81.0ms
[Channel EQ]
写真の感じ。

Woodベース風になっていると思いますが、どうかなー?
Youtube Music->聞いてみてね!
2:00秒ぐらいのところは、雰囲気出ていると思いますが。。。

自分で言うのもなんですが、最近は、アレンジ+ミックス+マスタリングの仕事は早くできる様になってきているかなーーーとっ、ちょっと嬉しいですね。

しかし、いつもビビっているのが、楽曲の配信です。配信した曲はやり直しができず、修正もできない。手が離れたら終了で二度と直せない。いつもビビります、結果ほとんど、エイ!ヤー!で配信しています。
これまで6曲を配信しましたが、最初の頃はいつもドキドキしてましたね、最近ようやく気持ちが落ち着いてちゃんと向き合えるようになったかな。作って配信、また作って配信と言うスタイルなので、毎回本番で、そのおかげで鍛えられて、逆にこれが良かったと、ありがたく思っています。感謝!!

新曲、お楽しみください!
では、また次回。

つづく

blog

SF大作:完全なる宇宙に住む人


Writer : matsushi


Type/ : 2020-12-30 / blog

この宇宙は誰かがシミュレーションで作り出したデータの塊であり、
神は存在しない、
光こそ絶対無二の偽りの真実である。
というのが人間原理の宇宙の姿であることをこれまで何回かに渡ってしつこく述べできた。

逆に”この”宇宙が時空の全てであり、
外部は無い、
神はこの宇宙に内在する、
とするとどうだろうか?

ごく普通の、我々が地球上で直感的に経験してきたことがそのままミクロにもマクロにも当てはまる、
何の不明確さもない、
ニュートンの物理法則で正確に記述できる宇宙が現れる。

以上終わり、である。

確かに面白くない、SFにならない。
タイムマシーンは原理上あり得ないし、
宇宙人は地球が遠すぎて決してたどり着かないから宇宙戦争もない。
モノリスもなければブラックホールの内側もないであろう。
以上終わり、だ。

故にこの宇宙はシミュレーションの中に存在するデータの塊でなくては困るのだ。
シンギュラリティな瞬間や
阿頼耶識な繋がりや
アンビバレントな価値観が、
我々には是非とも必要なのだ。

このシリーズおわり
©️Planet Wave
#画像はフリー素材

blog

NGのジャケット制作


Writer : kunio


Type/ : 2020-12-27 / blog

今回はNewsGatheringのジャケット制作のおはなし。画像は年明け早々にリリース予定のWill - Girl Reading a Letter at an Open Windowのジャケット原画である。
NewsGatheringをスタートするときに皆で決めたことがある、それは法的順守、つまり音楽を発表する以上は著作権というルールを守ることは当然であるが、ジャケットを含めたあらゆる創作活動もルールを守るということ。お馴染みのNewsGatheringのロゴも一見するとフォントはCentury Goticに見えるが、商用利用に抵触しない別のフォントをつかっている。
ジャケットの素材選びを安易に行えば、様々な権利関係に抵触する恐れもあるので、「ええい、めんどくさいので全部オリジナルで作ろう」となった。なので、いままでリリースしたジャケットの線画は全部ペンを使った手書きである。タブレットで書いてるんじゃないの?って聞かれるが、紙にペンで手書きして、コンビニでスキャンしている。全くのアナログ作業。
あとはPowerPointで自分で撮った写真に重ねたりしてちゃちゃっと完成。
メンバーからは建物は異常に気合が入っているが、人物はイマイチと言われるが、職業柄建物しか書いたことがないので仕方ない、皆さんにもご容赦願いたい。
新曲Willのジャケットの構図を見てピンと来た人はかなりのフェルメール・フリーク。「窓辺で手紙を読む女」私はドレスデンで原画を見たがフェルメールの中では随分地味な作品ではないだろうか。時は大航海時代、遠くに旅立った人からの手紙を読み返していると言われている。
Willの曲を制作している時に、ホージが電車で見かけた、スマホを持っている和服姿の女性の話を聞いて、フェルメールの題材を現在の日本に移すとこんな感じかなと思いついた、曲のイメージにもピッタリ馴染んでいる。久しぶりの日本語の歌詞とともにお楽しみ頂きたい。
ホージからスマホはiPhone12にしろと言われて、あとで修正した。

blog

NGの音作り No.5


Writer : hoji


Type/ : 2020-12-21 / blog

(Fractalのvocalのミックス中)


こんにちは、
NGの音作り5回目です。
これっていつまで続くだろうか?どうしようか?と思いながら書いています。

本日は、前回の流れで、地味な「下ごしらえ」のお話。新曲2曲(Fractal, Will)を例にとりながら書きますね。

まず、昔のイシモトとやったバイトの話。
「ミックス下ごしらえの話でないんかーい!」いきなり脱線!

思えば、最初にイシモト関係のバイトだったのは、ゲームセンター。
イシモトが先にやっていたんだが、僕も参加ということで。この頃、エレキピアノの名機、Fender Rodes が欲しくて、バイトでお金を貯めたかった。で、イシモトに、「バイト何かない?」って聞いていたんで、その流れで話が来た。

で、やる事になったバイトは、結構大きな地下のゲームセンターの世話役だった。
驚いたのは面接。ゲームセンターの2Fが事務所だった。その日、面接があると言うので、イシモトから言われた時間にその場所に行ったら、何やらミョーな雰囲気、ドアを開けて、中の部屋に通おされたら、木製の大きな両袖のある机があり、その前には5人がけの皮ソファー、正面の壁には、「任侠」の額縁!!ってこれって組事務所なのか????

一番偉そうなおっさんが出てきて、「にーちゃん大丈夫?いつからいける?いつまでやれる?」って質問、「しっ、しばらくなら大丈夫です」って答えたら、「OK、おいっ!」って、いかにもそれ系で昔はヤンキーだっただろうと容易に想像がつく手下のお兄さんが出てきて、こっちきて!とそのまま地下のゲームセンターに連れて行かれて説明を受けて、では、明日からね!って感じでバイトスタート。
これはやばい!早々にバイトは切り上げようと考えながら、FenderRodesを想い!ちょっとの期間は続けていた。
ゲーセンでは、いつも、YMOの「ソリッドステートサバイバー」が流れていた。あと「東風」も。これだけが唯一の楽しみだったかな。しかしやはり性に合わなかったので、結局1、2ヶ月ぐらいで辞めて、その後に前回のブログに書いた「ビール園」のバイトをやることになったと言う訳。
この頃からかな、いつもそうなんだが、イシモトが最初にどこかのバイトに入って、そのあとで僕が合流というスタイルが確立された感じです。なぜだか分からない。まーなんとなく、イシモトとは不思議な縁がありますね。
結局、バイトができたおかげで、中古で Fender Rodes を買うことができました。
今思えば、楽器を買うためにバイトばかりしてましたね。
・Fender Rodes
・Roland VP-330 Vocoder
・YAMAHA DX-7
・Oberheim
・YAMAHA CP-80
などなど、ほとんど中古でしたが。。。ちょうど30歳ぐらいの時に全ての楽器を手放してしまって、今は手元にありません。売った当時、音楽仲間からは、「ホージは魂を売った」などと言われましたね。

では、次の話。
「まだあるんかーい!」って、ミックスの話です。

「下ごしらえ」は大事で、まずは、トラックごとにハイパス、ローパスをきちんとやってコンプレッサーで音を整理してEQ、という流れです。
ボーカルなんかでよく使うコンププラグインは、皆さんもお馴染みだと想いますが、StudioVCA、
Logicの赤い画面のやつ、こいつは結構滑らかなアナログ的な感じで好きです。歌に合う気がします。Thresholdが-15dB前後、Ratioが6.1:1、でAttackを抑え気味かな、Releaseを長めにしてますね。
声の音質に合わせてって考えながら、そういえば、クニオと僕の声質は似てます。僕が低い系でクニオが高い系かな。コンプのあとに、必要に応じてExtiterやら何やらをして最終的にEQ(イコライジング)をきちんとして「下ごしらえ」完成!という流れになります。

(上段がWill, 下段がFractal の波形、海苔状になっているね)


例としては、WillとFractalのボーカルなんかは、
1 DeEssor2
2 Channel EQ(ハイパスフィルター)
3 Graphic EQ(少し魔法をかける)
4 Multicompressor(周波数単位でダイナミックなところを抑える)
5 Compressor(StudioVCA)(もう一度コンプする)
6 Exciter(高音を少しだけ)
7 Channel EQ(もう一回ハイパスと高音の魔法をかける)
このようなプラグインにしてます。ボーカル以外のMusescoreからの楽器は、ほぼコンプとEQで下ごしらえをしています。正解はわからないから許してね。好きな音になれば良いという考えです。

上の記述で「魔法をかける」ってありますね。これが僕は大事ではないかと持っています。
これは、企業秘密だ!なんて、大丈夫。ググれば出てくる内容です。
ミックスをやり始めの頃は、「音がこもってしまう」という現象に何度も悩まされてましたが、「魔法をかける」で、この「音のこもり」を解消することを覚えました。
「8kHzブースト」を使っています。ボーカルも含めどんな楽器も、この「8kHz付近以降の周波数」をハイシェルピングでブーストするとコモリが解消していきます。ハイパス(ローカット)をきちんとして、中域(250Hz近辺)も幅広Qでほんの少し下げる(1〜2dB)などの前提はありますが、「魔法の8kHzブースト」は結構効きます。なぜか?すごく不思議です。マスタリングでもこの魔法を使っています。

なんやかんやで、いろんなプラグインを組み合わせたり、魔法を意識したりして、全てのトラックの「下ごしらえ」をします。「下ごしらえ」が、キチンとされていると、音圧を綺麗にブーストできます。
「下ごしらえ」には、No3で話した四角い箱と楽器の位置も含みます。
これは、本当に大事だと思っています。

音の箱は電車1両。満員電車に入っている人が音だと思うとわかりやすいです。人の場所が綺麗に分散されていると良いのですが、例えば、電車1両の前(左)に人が集まっていたら前(左)はもう音(人)が入らず無理すると音(人)がキュってなってしまい良い音にならないなーと。
だから、車両の前(左)の人(音)たちを後ろ側(右)に移すとバランスが良くなって空間もできて綺麗に音が聞こえる様になります。それで車両に余裕も生まれます。音(人)もたくさん入れることができますね。結果ひとつひとつの音をすこーし大きくすると音圧が綺麗に上がると思っています。車両には、天井の方も床の方も余裕があるところは、いろいろ音をバランスよく配置するとより良い結果になるんではないかと思ってやっています。
この箱の発想が最初はできませんでした。音楽と音は無限の大きさがあると勝手に思い込んでいました。でも、実際は「音の箱」がありました。大きさも決まっているみたいです。

ミックスをやり始めの頃は、これができなくて、偏ったバランスで無理に音圧を上げて音が潰れたりしてました。綺麗に音圧はあげられなかった。今でもあまりうまくできないこともあって、勉強させていただいています。
しかし、少しづつ経験を積んで段々とまともになってきているんではないか?と、ミックス駆け出しシロートですが、勝手に思っている今日この頃です。

このまま、1月に発表される新曲2曲(Fractal、Will)のマスタリングの具体的なプラグインの種類とその値を記載しようかと思ったのですが、長くなりそうだから次回にします。お楽しみにね!
すいません。また難しくなってしまったかも。お許しを!

つづく


blog

YouTube大作戦


Writer : matsushi


Type/ : 2020-12-19 / blog

Fractal#1

最近の傾向では音楽配信でバズるのはTikTokからという業界認識のようだ。
だがTikTokは我々の年代には敷居が高い。動画部分をどうして良いか分からない。
だけど、せっかく楽曲を世界配信しているのだから皆んなに聞いてほしい。

そんな3人の無い知恵を絞って考えたのがYouTube大作戦だ。
録音中のfractalを紹介する動画を作ろう、動画は昔のビデオとか現在の録音時の自撮りとかホージのミックス中Mac画像とかでできないか、踊らなくていいなら頑張ります、
というわけでメイキング映像を3回くらいに分けてupして最後に配信サイトに誘導しようというアイデアが決まった。

ここで紹介しなければならないのがNewsGathering+1の”+1”として動画を作ってくれている浅田浩之氏である。
浅田さんは僕が学生時代から最近に至るまで在籍していたバンドDownのメンバーでもある。Downの演奏動画を作ってYouTubeに上げてくれている。
どうやら彼には映像を創る才能があって、彼の家族ものも含めて、よくできた動画をいくつもYouTubeにupしている。
NewsGatheringの素人3人が酷いものを作るよりこの才能にお願いしよう、と白羽の矢を立てました。

第一作、「Fractal #1」は期待どおり素晴らしい出来で、ガガーリンが初めて宇宙から送ってきたかのような、35年前のおぼろげなビデオからなんと、雰囲気たっぷりの映像を作ってくれた。

第二作目は年末に向けてupされる予定で、この数ヶ月間リメイクしてきた過程を映像と音楽にしてお届けする計画だ。

我々はマーケティングやプロモーションの素人である。試行錯誤して多くの人に聞いてもらおうとしている。
今の世の中、たくさんのツールやネットワーク環境、プラットフォームがあり、昔に比べたら便利になったよね、と言うが、それだけたくさんの人がこの分野で多くの人に見てもらおう、聞いてもらおうとひしめいており、
その中でNewsGatheringを選んでもらうことはなかなかに難しいことである。

何か良いアイデアがあったら教えてください。
▶️こちらから◀️

fractalの配信はおそらく正月になります。
我々の精一杯のプロモーションでお届けしたいと考えています。
よろしくお願いします。

つづく
©️Planet Wave