blog

お笑い「怖いこと」


Writer : matsushi


Type/ : 2020-09-29 / blog

上はネットで拾った画像である。
宇宙飛行士の遊泳である。
ずいぶん離れたところにポツンと浮かんでいる。

最近は宇宙服に小さな推進装置が付いていて宇宙空間を自在に移動できるようだが、
怖いよね。
宇宙船に戻れなかったらどうする?
この写真は二重の意味で怖くて、宇宙船から遠く離れたところにいる怖さと、
足元に何もなくて地球のはるか上空にいる怖さ。
地球に落下したらどうする?

どうするって言ったってどうしようもない怖さ。

BASEジャンプをご存知だろうか。
ビルや崖の上から特製パラシュートをつけて飛び降りるスポーツである。
所沢航空公園の大型スクリーンでこのドキュメントを見たときはたまげた。
怖い、けどなんか快感を感じる。
映画の中でジャンパーも言っていたがこの「恐怖の快感」が病みつきになるらしい、
見てる方も全く同じ感覚を共有する。
解説が言う、これはエンドルフィンの作用らしい、
あまりの恐怖だと、
死ぬときに分泌されるエンドルフィンが分泌されて死の恐怖を快感に変える。
エンドルフィンは立花隆の本で読んだことがある。
死後の世界と関係のあるヤツだ。

音楽体験は、演奏者とリスナーが化学物質を介して共有できる物だろうか?
そんなことは無いよね、よっぽど入れ込んで聞けばそうだろうけど、
なんなら演奏者の方がそこまで入れ込んでいない可能性すらある。

真に怖い思いをするとトラウマになる、
というのが定説である。
が、その一方で快感は恐怖と隣り合わせなのだろう。
「BS世界のドキュメンタリー」で見たのだが、
高所恐怖症の人がロープで宙吊りになって空中移動する遊具、
これに今から乗らなければならない、
僕ならさしづめジェットコースター、何を隠そう高所恐怖症です。
心理学者が言う「今あなたはドキドキして足が震え、少し汗をかいているはずです」、
「その体の反応は何かと似ています、
 そうあなたは今ワクワクしている、さぁ言ってみて」、
「私は今ワクワクしている」「私はワクワクしている」
そして宙吊りになって滑り始め、勢いよくゴールに着く。
「たのしー」となる。

この音楽を聞いてあなたは夢見心地になる、ゴコチになる...
恐怖を与えるにはどうしたらいいんだろ...

つづく
©️Planet Wave
#写真はNASAが公開しているものです

blog

フラクタル... イメージで認識し、抽象化して理解し、定量的にアウトプットする


Writer : matsushi


Type/ : 2020-09-26 / blog

あなたが音楽を聴いた時に、もしその音楽を気に入れば、
そこで表現されている世界観に気がつき、
受け入れて、
無意識のうちにメロディ、和声、リズムの分析に取りかかる。
そして、カッコいい、となる。

日本人の場合、コミュニケーションは感情の共有、認識の再確認が目的だったりする。
本来はコミュニケーションは情報の交換が目的のはず。
曲のあの部分ね、タカタータッタッタとか言われても僕はよく分からない。
隣の友人は分かっているらしいから、僕には何かの能力が欠けているんだろうと思っていた。
最近考えた僕が擬音で言われても分からない理由、
擬音は既に意味としてお互いに認識している事象の指示代名詞、
it/thatの役割を果たしているんじゃないかと。
つまりタカタータッタッタで分かるんじゃなくて、
「あの部分ね」で既に暗黙の了承事項として認識しているんじゃないかと。
いわば二重指示代名詞だ。

Facebookなんかやってると、たまに間違い探し的なオススメ記事があって、
例えばたくさんの「を」の中から違う文字が分かりますか、的なやつ、
数百文字の中に一文字だけ「と」が紛れてたりする。
僕はこれは得意、数秒で分かる。違う文字だけハイライトされて見える。

「一般化」は万人に分かるように簡単化することではない。
例えば一般相対性理論は特殊相対性理論より難解だ。
ここでの「一般化」は特殊な場合だけ成立するような理論ではなく
普遍的に成り立つように理論化することを意味する。
一般化するとその法則はいろんな事象に応用可能になる。
オブジェクト指向の抽象クラスも同じ。
一般化も人によって得意、不得意な人がいて、得意な人は瞬時に物の本質を捉えることができる。
音楽を創造する上では必要不可欠な能力だ。
たぶん訓練でなんとかなる能力だと思う。
これが無いと、曲を作ってもどこかで聞いたことあるような曲ばかりができあがることになる。

大学時代、物理的に物を考えるよう叩き込まれた。
真理への近道だが、現実世界ではケースバイケースにしないと
特に人間に対しては上手くいかないことが多いです、
僕の妻に対してのように。

音楽、絵画、食べ物、
いろんな例で示すと面白いと思うが、
冗長かもとも思う、
抽象化までで留めておく。

つづく

#「フラクタル」は今取り掛かっている新曲のタイトルです
©️Planet Wave

blog

音楽の大衆化


Writer : matsushi


Type/ : 2020-09-23 / blog

これからの音楽のあり方について、コロナ以前に考えていたこと。
DAWとかアプリで皆が音楽を作るようになり、
将来、既成の音楽を購入することは少なくなるであろう。
プロのうち、ごく一部の前衛的音楽家以外は生き残れなくなる。
人々はTPOに合わせて音楽を自分で作るようになる。
生け花のように。
そこで必要なのは音楽とその作り方を教えてくれる人、
ゴルフのレッスンプロや生け花の師匠のような。

ところが、コロナ禍となり、ちょっと現実の進みが早くなってしまった。
ライブができなくなり、音楽はもっぱらスマホやPCで聞くものとなった。
作家のほうも以前からPCで作る人は一定数いたが
ほぼ全ての人がスタジオでなく自宅でPCに向かうようになった、プロもアマも。
レッスンプロは必要なく、YouTubeで学ぶことができる。
CDからオンライン、そしてストリーミングへと移った。
プロもアマもディストリビューターを介してプロセスとしては平等に配信できる。
差別化が難しくなる、
PCやDAWの性能が上がっているので音質、音色も平等と言っていい。
もちろん技術や耳の違いはあります。
音楽的革新やメッセージ性よりも
身近な(四畳半的?ワンルーム的?な)音楽が共感を呼ぶ。

さて、NewsGatheringもそんな中で活動を開始した。
ベースとキーボードのオリジナルメンバーに僕、
つまりギターが加わったトリオである。
メンバー中二人がMacユーザーだったこともありDAWはLogicを使っている。
優れものである。
DAWを使ったミックスやマスタリングはキーボードのホージがやってくれている。
プロトタイプを聞いて細かな注文をつけるのがベースのクニオである。
演奏とミックスのイタレーションを何十回も繰り返している。
音楽性自体は元々ユニークだったのでオリジナリティーには苦労していない。
これを世界中の有名オンラインストアで配信するんだけど、
上に述べたように
世界中のたくさんの人がたくさんの音楽をオンラインで発表するから、
一般リスナーに我々の音楽を聴いてもらうことがタイヘンである。
友人、知り合い、同級生、縁故、同僚、あらゆる人に広報する。
でも聴いてくれる人は少ない。
プロモーションの仕方を考えなくてはならない、
そんなとこはしたことないから試行錯誤である。
著作権の問題もある、このあたりの話はまた今度。

やってみて気がついたことは、
やっぱり音楽は人である。
床の間の生花のような音楽でも、この人の生けた花を見たいと思う。
我々が歌っているようにシンギュラリティが訪れたとして、
その時はAIによって生け方の違うお花が観れるだろうか?
きっといろんなパラメータによって生け方が変わってくるんだろうな、
でもそこにエゴは、エスはあるんだろうか?

つづく
©️Planet Wave

blog

ビートルズとモンタージュ


Writer : matsushi


Type/ : 2020-09-20 / blog

映画が好きな人は多いだろう、僕もそう、
手軽に気分を変えたり刺激を受けたりできる素晴らしい芸術だ。
学生時代、友人が8ミリフィルムのカメラを持っていて、何本か自前で短編を作ったこともある。
その話はまた今度。
僕はつい好きなものを勉強してしまうという悪いクセがあって、
映画についても高校時代に本で勉強しました。
映画を映画たらしめている画期的な技法が
エイゼンシュテインによって発明されたモンタージュ技法である。
エイゼンシュテインはカットごとにカメラの目線を変えて撮影して編集時に切り貼りすることで
ストーリーとは別に、新たな意味を付加し、監督の意図を表現可能とする純粋映画的手法を思いついた。
これを空間のモンタージュ、目線のモンタージュとすると、その後、
市民ケーンなどでの時間軸のモンタージュ、
羅生門などでの記憶のモンタージュ、
トータルリコール、インセプションなどでの意識のモンタージュなどの発明が相次いだ。

話は変わって、
アメリカ黒人のロックンロールは8分音符のオモテで押し切る、
ギターでいうと全編ダウンストロークである。
ブルースは少し工夫があって一小節ごとに歌とギターがcall and responseすることで
表現にバリエーションを与えた。
歌によるメインストーリーと
それを受ける形での無意識の表象であるギターによるサイドストーリーである。

ロックンロールは60年代、アメリカから海を渡って、イギリスに流入すると、
8分音符のウラを上手に使うことでロックとなり叙情性を持った、
言わずと知れたビートルズとジョージ マーティンの発明のことである。
一つのコード進行、メロディの中で複数のストーリーを語ることに成功した。
このことで意味が深くなるのだ。
ビートルズの音楽は聴き込んで、イメージを膨らませることができた。
それまでのポピュラーソングには無かったことである。

古典的なクラシックは主旋律と対旋律があってメインストーリーとサイドストーリーがあった。
コードという概念は無かった。
現代のリズム、メロディ、ハーモニーはコードとバンドスタイルの発明で分業制になって、
複数のストーリーを並行させることで深い意味を持たせることができるようになった。
更にリズムのウラによってストーリー自体も複雑になった...

この論旨で音楽の歴史を紐解いていくと長くなりそうです。

つづく
©️Planet Wave
(写真はイメージです)

blog

ギターと文字と線のシンクロニシティ


Writer : matsushi


Type/ : 2020-09-17 / blog

僕は字がヘタである、目が悪く、老眼になってから更にヘタになったように思う。
はづきルーペもどき、安いルーペメガネをかけてシャープペンシルで字を書くと、
少し味があるように感じて、これはこれでいいか、と思う。
が、会議の議事録を書くと仕事関係に「石本さん、達筆すぎて読むの大変」
って言われ、やっぱりヘタか、と思う。

僕はノートにまっすぐな線を引こうと思うと、
半分くらいまでほぼまっすぐ引けるのに、途中からフニャフニャっとなる。
必ず途中まではちゃんと引けるのに、邪念が途中で浮かぶのである。
今日は最後までまっすぐ引けるかも、である。
そう思った瞬間、線は上に跳ね上がり、
自然を装って元に戻そうとして失敗しフニャフニャっとなる。
金沢由来の人で鈴木大拙という人がいて、禅の学者、
書でマルを書く、描く?書く?
味のある円を書くのである。
たぶんココロを現すとでも言いたいんだと思う。
ココロの正しい人は綺麗なマルを書ける、
たぶん線なんて簡単にまっすぐ書けるはずだ。

ギターを抑揚もなくキッチリ弾く人がいる。
いつの頃からかイフェクターを使って、
リミッターだかコンプレッサーだかで一定の音を出して綺麗に弾く人がほとんどになった。
自分は線も上手に弾けないのに、引けないのに?弾けないのに?
ココロの問題かもしれません、反省します。

つづく
©️Planet Wave

blog

ギターのリズムをめぐる神学論争


Writer : matsushi


Type/ : 2020-09-14 / blog

DAWの波形を見るとジャストのクリックの手前で立ちあがって上昇カーブの途中でクリックがくる、
何がジャストか、ましてや前ノリ、後ノリって何の意味があるのってなる。
クリックの手前でストロークを開始してるってことはギタリストは瞬間的にはフィードフォワード制御してる、
そしてクリックの音を聞いてフィードバック制御をするらしい。

学生時代、大学の軽音楽部に入ってた。
それは良い思い出ばかりでそのことはまた別に書きたいけれど、
最近また思い出すことがあったので、今回はリズムに関する音学論争について。
軽音楽部、YFAという名前の部だった、自分が入学した何年か前に創部されたらしい、
だから70年代半ばくらいの創部かなぁ、
よくあるロック研究会とか軽音楽部とかっていう名前ではなかったのが金沢大学らしかった。
マジメに音楽、青春してました。
楽しみは定期コンサートそのものとかそのあとの飲み会とかなんだけど、
3次会、4次会くらいになると人数も減って、夜もふけ、
街のミュージシャンが経営してたり、働いたりしてる店に行って酔っ払いの議論が始まることになる。
金沢はめんたんぴんとかTバードとか古くは浅川マキ、久保田真琴なんかが出たロックな街だったんで
そういうシチュエーションは違和感なくあった。
そこでは当時結構な頻度でリズム談義がなされてた。
結構なといってもディープナイト7、8回に1回くらいだけど。
いわく、バンドのリズムはどこに持っていったらいい?
どこに合わせるべき?
ジャストじゃ無いんだよだの、
前ノリ、後ノリだの、
メトロノームを聞いてたんでは遅れるから目で追ってジャストを狙うんだの。
80年前後の金沢はそんな感じだった。
僕がMIDIシーケンサー、ローランドのMC-500を買ったのは80年代の半ば、クリックが当たり前になった、
今のDAWには程遠いけど初歩的なクォンタイズができるようになった、
それからMac ClassicIIを買ってVisionを使い始めた、
更にMacは進化しOS XになりGarageBand、Logicを使って今に至る。
振り返るとこの40年の間に音楽の神話は現実となり、理想は波形で表現されるようになった。
良い時代になったもんだ。

つづく
©️Planet Wave