blog

人間原理


Writer : matsushi


Type/ : 2020-11-24 / blog

この宇宙が誰かのシミュレーションではなくて神が作ったとすれば、
光は絶対的なモノではなく、相対論的宇宙観は成立しなくなる。
というのが前回までのあらすじである。

逆に観察者としての”神”が作ったこの宇宙が
観察者のなんらかの制約によって光でしか観測できない事情があって、
光を超えるモノが存在しないとすると...
それは現代の人間の宇宙観なのだが...

c=λ✖️f
c:光速、λ:波長、f:周波数

周波数は振動の頻度であり、
宇宙の収縮と膨張の気の遠くなる周期であり、
量子のスピンである。
光速度の別表現として光速イコール周波数なので、
周波数もやはり”この宇宙”では唯一絶対的な存在ということになる。
言い換えると振動は物理の本質である。
そして人間の五感もまた振動を捉えようと研ぎ澄まされ、
そこから危険を察知したり、快感を得たりできるように進化した。
匂い、味、触覚は振動とどう関係するのか?
それぞれ変化を検知しているのであって、変化率を振動で表すことができるよね。

コウモリが音波で世界を見ているように、
ヘビが熱を感知しているように、
カエルが物体の移動量を見ているように、
人間はそれら全ての情報を含めて周波数として捉えて世界を認識している。

同じ宇宙に住んでいるエイリアンはやはり光の制限を受けている。
亜光速の飛行では決して地球を訪問することはできない、かな?
カール セーガンのコスモスではそんな理屈でUFOを否定していたが、
近年の天文学ではわずか数光年の先に地球型惑星が発見されており、カール セーガンもタジタジだ。
科学技術の進化は速い。

ともあれ周波数のことを言えば、
光にしても音にしても電波にしてもその物性とは関係なく周波数自体は”この宇宙で”普遍となる。

人間原理とは「我思う、故に我あり」ということで、
人間が観察し、考察しているからこの宇宙はこういう形をしていて、
その中に人間が存在している、
という因果逆転、輪廻転生の宇宙論である。

既に相対論始めこの世界の不思議な物理現象の説明には慣れている現代人ではあるが、
実は結構あやふやな公理の上に成り立っていることには気が付いていないのではないだろうか?
「胡蝶の夢」とはカミが”この宇宙”の中にいる神なのか、
外にいる”神”なのかの問いである。
そして中にいて人間原理に支配されている人間にはその問いの答えは決して見つけることはできない。

つづく
©️Planet Wave
#画像:光は重力によって曲げられる(重力レンズ)

blog

NGの音作り No.2


Writer : hoji


Type/ : 2020-11-20 / blog

(写真は、iPad->Logicでmidi入力しているところ)


こんにちは、
NGの音作り2回目です。

ミックスの話を書こうと思ったんだが、いや、皆知りたいのはこっちかなと、
今回は、ギターとベース以外の楽器の打ち込みの話です。
どのように作っているのか?
ご存知のように、NewsGatheringは3人構成、Guitar、Bass、Keybord です。よって、ギターとベース以外は、打ち込みとなるんですが。。。おっと、ボーカルも生ですね。ボーカルは全員が可能なので、今後、コーラスも増えるかも。
待った! 前にイシモトのブログで登場した、「沢口れい」さんもいました。この方、綺麗な高音を持つ歌い手です。NewGathringの曲にコーラスで参加していただいています。
だから、3+1構成ですね。

で、打ち込みなんですが、僕は、3種類を使っています。
・MuseScoreで作成。
・Logic pro への midi入力。
・沢口れいさんの入力。

MuseScoreでの作成は、各楽器ごとになりまして、新曲だと、
(1) ピアノ
(2) ソロピアノ -> 後で差し替え。
(3) アコースティックベース -> 後で差し替え。
(4) デモギター -> 後で差し替え。
(5) キック
(6) リムショット
(7) スネア
(8) タム+シンバル類
(9) ハイハット
(10) バイオリン
(11) ビオラ
(12) トランペット
(13) フルート
(14) シンセ -> 後で差し替え。
(15) ボーカルライン -> 後で差し替え。
となってます。

後で差し替えるものは、あまりマジに設定しなくて良いんですが、差し替えできないトラックは、マジで音を作らなければなりません。

音作りしている方は皆やっていると思うけど、打ち込みで、音の強弱を1音ずつ設定しています。和音の場合もその一つずつを、できるものは、実際に弾いて強弱を確認します。
ドラムは、手足が足りるか?を考えて、あまり無理はできません。でも、結局二人ドラマーになることもあって、あちゃー!となることもしばしばです。実はかなり細かい作業なんですが、昔はドラマーになりたいなぁなんて思っていたこともあるので、憧れの職業。
ハイハットからタムに移る時なんかは、左手で入ったら右手が裏の強拍なることなども考慮したり、ハイハットは、右手が少し強く左手が少し弱い、だけども裏拍を強くしてノリを出す。とか、キックが16分音符で2つ目が拍頭に入るときは、最初は小さく次頭は強く。スネア叩いて、シンバルってこの瞬間に腕が届くんかな?なんて、ことも考えながら。
まーーー気が遠くなるくらいですが、小節のコピーはせずに、一つづつ細かく設定します。

Logic Pro には、ヒューマナイズのボタンがあるので、一見便利そうだけど、ボタン押した後も気にくわないこともあって、結局一つずつ設定してるから、今のところは上記の手法でやってます。
また、museScoreはリズムが完璧なので、そこを人間らしくするために、Logic Pro にwavを移してから、ドラムのリズムをクニオベースの方に合わせて補正したりしてます。ちなみに、クニオはリズム感がよいので安心です。

音源も大事、MuseScoreは、素晴らしい音源が数多くあるんですが、いまひとつの場合は、ネットから「sf2の音源ファイル」をダウンロードします。
ピアノは、スタンウェイなどいろいろあるんですが、NewsGatheringに合うのは、今のところ、YAMAHAのサラマンダーみたいです。もっと他のKAWAIとかローランドや憧れのNordなんかも試してみたいのですが。。。Logic Pro のピアノも良い音なんですが、ペダルがいまひとつ、MuseScoreの方が自然に感じますから、バックのピアノサウンドは、MuseScoreからのwavにしています。

(写真は、MuseScoreで、sf2外部音源を設定しているところ)


そんなこんなで、ストリングやホーンセクションも1音ずつ設定するわけです。曲の盛り上げを考慮して、1音ずつばらつきを加えながら、徐々に後半に向かいベロシティーをあげるなんてこともやります(Logic Pro のオートメーションは基本使わないです)。
で、上記すべての楽器を1トラックずつwavファイルにして、「Logic Pro X」移すわけです。
なので、楽曲の構成が変更になったり、曲の長さが変わったりしたら、えーーーーっ!てなって、
また、「MuseScore」に戻り作業するわけです。こうやって書くと大変そうですが、慣れるとそうでもなくて、かなり早くできます。

でも実際に時間がかかっているのは、振り返ると、音源種類の選択です。
例えば、ドラムも音源はいっぱいあるのですが、曲に合う音を探して選択することにすごく時間がかかります。MuseScoreで表現できない場合は、ネットを探す、それでもダメなら、Logic Pro に移した後で、Logic Pro の音源を探します。それでもダメなら、イシモト、クニオにHelpです。
楽曲「Hope Of End」のマレットで叩くシンバルの音には苦労しました。皆でネット上を探しまくったが、良いのがなかった。良いのがあっても版権で使えなかったりでした。
結局、イシモトの提案で、Logic Pro にたくさん入っているシンバルの音で最も近いものを加工して使用しました。
一人だと心が折れそうだったので、イシモト、クニオに感謝です。

ちょっと長くなったので、MuseScore以外のLogicのmidi入力と沢口れいさんの音作成の話は、また今度ね。
次回は、一息入れるのに、ミックスの話かも。

つづく

blog

エイリアンは音楽を理解するか?


Writer : matsushi


Type/ : 2020-11-19 / blog

エイリアンと人類の共通言語としての音楽?
いやいや音じゃなくて光だろ、
というわけで、友人と居酒屋で議論になったこのテーマで今回はお届けする。

極端に考えるのは思考の一つのテクニックである、
宇宙空間、水中ではどうか、空気の振動はそのままでは伝わらない。
媒体がなくても伝わるのは電磁波(光)、化学反応...かな、
音楽といえども情報伝達なので伝わらなくては始まらない。
エイリアンとも光であれば伝わりそうだ。

音と同じく光も波形の足し算ができるのだろうか?
ノイズキャンセリングイヤフォンのように光を合成することでアイマスク代わりになるのだろうか、
これはできない。
絵の具を重ねると黒になるが、光を重ねても明るくなるだけで暗くはならない。

音程=周波数=色相、音量=デシベル=明度、音色=波形=彩度かな?
色立体だとそんな対応だと思うが、光の物性はなんか音とは違う。

単音メロディー相当なら光でもできそう、色と明るさ鮮やかさを時間軸で変化させれば良い。
だが和音は?
音なら、近い波形が重なると音色として認識され、遠い波形だと別の音程と認識されて和音になる。
光も混じり合う波形は同じだが遠い波形でも和光にはならない、と書いて、
回折格子は?
と思い至った。
カラーテレビのように三原色を重ねて別の色になったり、
回折格子のようにシマシマになったり、
でもシマシマにするにはテクニックが必要だ。
波長とスリットの間隔を注意深く調整しなくてはならない。
音楽ならぬ光楽は難しそうだ。

単純には空間に時間軸で変化する光を投影することで和音まがいができそうだ。
まさにiTunesのビジュアライザーである。
シンクロエナジャイザーである。
でも音楽のように統一的じゃない。
フリージャズ、前衛だ。
光にも楽理が必要だ、光の音楽版を光楽と呼ぼう。

エイリアンにとっての情報伝達手段としての光...
そこのあなた、電波で信号を送ればいいんじゃね、っていうのは意味が違う。
それは媒介として光や音を使っているのであって、言葉やコードを送っているのであって、音楽のようにそれ自体に意味があることとは違うのである。

周波数の変化、周波数の合成を我々は美しいと感じる。
エイリアンが光それ自体をどのような方法で楽しんでいるのか分からないが、
エイリアンもまた周波数の変化と合成を楽しんでいるはずだ。

つづく
©️Planet Wave

blog

NGの音作り No.1


Writer : hoji


Type/ : 2020-11-16 / blog

(上記画像はMuseScore、新曲譜面の一部)

ようやく、新曲が完成し、ちょっと時間もできたので、タイミングを見ながら、NewsGaheringの音作りについて書こうと思いました。
作曲やアレンジ、ミックス、マスタリングで気づいた事や、思っている事を書いていけたらいいかなと思ってます。
今回、初回なんで、何を書こうかなと考えたんだが、NewsGatheringの曲作り風景から。
題材は、新曲がわかりやすいかな。

手順は、こんな感じ。

まず、曲の原型のメロディとコードを用意してDAWの基本トラックを作成。
楽曲は、20代の時に数回ライブでやった曲。けっこう覚えていたので、アレンジ開始。
ドラムやベース、ボーカルのトラックを声やテスト的な音源で録音してデモをつくる。ボーカルなんかは鼻歌みたいで、訳のわかんないムチャクチャな英語みたいな言語でテキトーにアドリブで歌うからひどいもんです。

で、ある程度のレベルになったら譜面にする。

んで、デモ音源と譜面をgoogleドライブにアップ、イシモトとクニオに聴いてもらって、いろんな相談やアイデアを話し合う。話し合うといっても、これもLINEでチャットしてる。振り返ると今まで、音作りの細かな内容をメンバーと電話で一度も話した事がない。そーいえば不思議だ。

また、僕はギターやベースの詳しい事がわからないから、ギターとベースのアレンジは、2人におまかせ。2人の抜群のセンスと演奏でNewsGargeringの曲になるのです。ありがとう。

このタイミングで、クニオが歌詞と曲の背景を創作。

その後、メンバーから頂いた意見やアイデアをDAWで修正したり、追加したり、カットしたり、もう一度譜面にしたりして、音を作り続けます。もちろんツールは「Logic Pro X 」です。
で、googleドライブにアップしてLINEでチャット、意見を出し合って。。。ということを、
まーーー、繰り返す訳です。

(上記は、Logic Pro X でミックス中)

ある程度できたら、各自用にカラオケ音源を作って、いよいよ、本物の録音。皆、カラオケ音源で楽器練習やボーカル練習をしてそれぞれの各自のDAWにて宅録。

皆のwav音源が集まったら、いよいよミックスダウン+マスタリングに入りまーす。
と言うことで、なんだか料理レシピみたいな感じね。

ほぼ毎日の様に音作りをして、曲をgoogleドライブ経由でやりとり、これを皆で繰り返しているうちに、なっ、なんと!ボツ曲になる事も!
今回新曲、実はボツになりかけギリギリの時もあったけど、なんとか乗り切り、素晴らしい曲になった。めでたし、めでたし!
完成曲は、しばらくしたら配信されるから、是非、聞いてねー。

皆の力で曲が完成間近になると、
クニオがアートワーク、ジャケットデザインや曲紹介文の作成。
イシモトがオペレーション、tunecoreのアップ準備やSNS配信分析や戦略などを検討実施して、正式アップ、完了!打ち上げ!って段取り。
ふーっ。
今後は、打ち込みの仕組みとかミックスとかマスタリングの話になると思うが、きっと音作りしている人が皆悩んでいる所の話も出ると思う。例えば、透明感とか音圧とか。。。
ではね!

つづく


blog

ぼくらの音楽遍歴3”Shakti With John McLaughlin”


Writer : kunio


Type/ : 2020-11-14 / blog

金沢で大学生活を始めたばかりのころ、折衷様式が美しい尾山神社の門前に「メルツバウ」というシャバシャバのカレーがおいしい喫茶店があった。今思えばマスターはデザインに造詣の深い方だったのかもしれない。ある日、そこでこのレコードがかかっていた。おったまげた。インドの古典音楽の修練を積んだヴァイオリン奏者と二人のタブラ奏者とともに、ドローン弦付きの特製ギターが縦横無尽に弾きまくっている。それまでインド音楽もそれなりに神妙に聞きかじっていたが、どんどん身体に染み込んでくる音の洪水に圧倒された。これは誰が演奏しているのかなと思いつつ、ジャケットを手に取ってみると、Shakti With John McLaughlin - Natural Elements 、1977年の作品である。なんと、あのJohn McLaughlinだった。それまでの彼に対するイメージは、たぶん多くの人が現在も抱いているイメージと同じで、マイルスデイヴィスの電化ジャズの重要人物、やや敷居の高いマハビシュヌオーケストラ、スーパーギタートリオで一番地味な人、サンタナと一緒にのけ反りギターも弾ける人というところだった。
私の中ではこのユニットにおけるJohn McLaughlinだけが特別な存在に思えてならない、同時期に合計3枚のアルバムがあり、2001年にはRemember Shaktiとして同窓会的なアルバムがあるが、その中でもこのNatural Elementsというアルバムだけが突出しているような気がする。
20歳前の私に、既成の音楽枠の外にはとてつもなく広い世界があるのではないかと確信させた、啓示に満ちた音楽である。
まだ聞いたことがなければ、ぜひ聞いてみてほしい、最後の曲の美しさは格別。

blog

現代音楽のFBグループ


Writer : matsushi


Type/ : 2020-11-11 / blog

今回はちょっと物理学から離れて閑話休題。
しかも月例報告の時期も逸してしまいました。ちょっとだけ触れておくと、惨憺たるものです。
このところストアへのアクセス数ゼロ、Apple Musicの再生数もゼロという日が見られます。
NG official siteがどうなっているのか怖くて聞けていませんが、というのは、このブログへのアクセスもゼロということが比例して起きてるはずであるからです。
やはり、読んでる人がいないかも、と思うとちょっと寂しい気がします。
それなりに頑張って書いてるところもあるので。

さて、NGの配信が無くなったな〜と思っているあなたは正しいです。
今、実はいわゆるコンテスト向けにトラックを作っていて、そろそろlaunch なのですが、にしても配信されるのはかなり後になってしまうと思います。
ので、順番的には一回休みの次の曲の方が早く届けられると思います。
たぶん、クリスマス前あたりでしょうか。
以前から時々話題にしているfractalという曲が先に配信されるものと思います。

...
何年か前から僕は「現代音楽」のfacebook グループに入っており、そこの話題で、それまで特に気にしてなかったことが今更ながらに分かって興味深かったことがある。
現代音楽の特徴の一つは、完全に譜面に書かれていて、基本、譜面どおりに演奏されるものだそうだ。
譜面は必ずしも五線譜とは限らない。
このブログでも紹介したトータルセリエリズムでも良いし、図形楽譜でも良い。
一見、もとい一聴似ている前衛音楽との違いは、前衛はフリージャズなんかが代表的だが楽譜が無く、自由に音を合奏する形式があったりするが、現代音楽は楽譜が全てなんだそうだ。

思い出すのが、ロックの話、そういう意味ではロックは前衛か?
ジャズのインプロビゼーションも前衛かな?
ロックの場合はそういうことではないよね、BeatlesやKing Crimsonは楽譜として正しく成立している。
でも成立していない音楽もロックってカテゴリーで括られてたりする、ややこしいね。
ジャズはインプロビゼーションであっても楽理の上に成り立っているので立派に現代の音楽だ。
我々NewsGatheringも楽譜の上に成り立っている。
僕は元々ロックの人で、楽譜を読まなかったが、音楽を心理学の一形態として捉えて楽理を多少勉強したので、定量的にスタイルを維持できていると思っている。
僕は亀の甲より年の功だが、ホージはビックリするほど成長していてすごい、オンラインでいかんなく能力を発揮している。
クニオは早熟で学生時代で既にスタイルができていた。
そういう意味ではNewsGatheringは現代音楽として今後も創作を続けられたらいいなぁと思う。

僕はジャズのfacebook グループにも入っていて、こちらの人たちは演奏を自撮りしてupする投稿が多い。
ジャズは演奏の音楽だね、良いことだと思う。
でもその演奏のほとんどは練習動画である。

演奏練習のジャズ、楽譜の現代音楽、ダンスのポップス、心理学のNewsGatheringか、哲学のプログレか? 物理学の周波数か...

次回はきっと宇宙と光の話に戻るでしょう。

つづく
©️Planet Wave

blog

仮に光が最速のモノでないとしよう


Writer : matsushi


Type/ : 2020-11-07 / blog

前回で述べたように、
観測も証明もできない、光より速いモノが存在するとしても、意味的には存在しないのと同じだ。

それでもあるとしたら、光速に近くなっても質量は増えないし、時間の進みも遅れない。宇宙に果てはなく、big bangも無い、無限小から無限大へ、もしくは万物は周期的に振動している。
輪廻の世界観は日本人には馴染む。

ここでの神は”神”と違って、万能の神であり、宇宙の真理である。
人間物理学が言うような光の制約が無いから宇宙は完璧である。
宇宙と神は一体化されており宇宙の中に神が存在しても違和感がない。

光の制約のある宇宙には何やら第三者の気配を感じた、宇宙の外にいて万能ではない”神”の制約をこの宇宙でも受けていた。

人間の思考は人間自身を飛び出すことができるか?
意識に関する哲学のテーマがあったような...

光の制約を公理と考えるから相対性理論が生まれ、光の制約の中で観測するから理論通りの結果がでる。
そして現代の人間物理学はみんなが知っての通りの宇宙観を提示している。

人間は人間の思考の範囲を超えられない、トホホ。

つづく
©️Planet Wave

blog

シミュレーション仮説


Writer : matsushi


Type/ : 2020-11-02 / blog

人類はコンピューターシミュレーションの中で生きている、の仮説を検証することは今や物理学者のテーマの一つになっている。

我々人類含めた我々の宇宙は何者かが作ったコンピューターソフトの中のデータとして存在している、とすると直感的にはその何者かは”神”ということになる。

我々が生命工学を操るのと同様、高度な科学技術を持った”神”が実験のために我々の宇宙を作ったのかもしれない。
あるいは僕が今朝顔を洗った時の一滴の水のしずくが垂れたコンマ1秒の中に無限の空間と時間が凝縮されて、0.02秒後に相当する四十億年後にしずくの中心から数億光年相当のやや外れたところに我々が生まれ、この瞬間を生きているのかもしれない。
そうすると僕は”神”ということになる。

...的なことは誰しも想像したことがあるだろう。
「胡蝶の夢」「matrix」の世界である。

壮大なテーマだが非常に興味があるので、この検証に取り組んでみたい。
考える道筋としては二つの方法を思いつく。
一つは現代科学、もう一つは人間原理。
とても一回では終わりそうにないので今回は科学的思考法で。

我々の科学では宇宙は有限だということになっている。
かつて古代人は力持ちの神や動物が宇宙を担いでいたり、端っこから海の滝が流れ落ちたりしているしている姿を想像していたようだが、ほぼほぼ当たっている。
アインシュタイン以降、なぜかこの宇宙では光が最速のモノであり、光を超えるものは無いとされており、数多くの観測、実験で証明もされている。
一方big bang以来宇宙は膨張しており中心から遠くになるほど速度が速くなっているとされている。
光の速度を超える瞬間に境界があり、この宇宙の端がある。
event horizon/事象の地平線、特異点/singurarityと呼ばれている。

この宇宙の多くの物理法則は時空は無限であることの仮定を境界条件として解くことができるのに、全ての物質、事象、現象は光の速度を超えられないってホント?
という疑問が湧く。

それは光原理だからでは?
つまりこの宇宙は電磁波でしか情報が伝わらないから、電磁波でしか観測できないから。
シュレジンガーが観測した途端に因果が決まると言ったのは、つまり電磁波によってしか因果を確かめることができないから、この宇宙が存在しうるかどうかを判断できないから。

光(電磁波)を超えるものを光(電磁波)で観測することができない、ということ。
だから光の速度を超えられない、宇宙は有限である、と逆説的。
このことはなんだか結果から公理を逆算して、またその公理を使って何かを導いているように思えないだろうか。
結果が間違っていたら?
作為的に結果が決められていたら?
観測者の都合で観測条件に制約があっただけでは?
何やら第三者の気配を感じる。

つづく
©️Planet Wave
#画像はボイジャーが太陽系を離れるときに写したもの、全ての太陽系の惑星が映り込んでいる。人類が初めてこの目で太陽系を見ることになった写真。