discography

Will Song Released.


Writer :


Type/ : 2021-01-02 / discography


Will

Please listen to music -> Release Site List



In the 1990s, a little piece that was played like the music of Erik Satie's furniture with only piano and bass was remade into a jazzy pop tune with a groovie rhythm.
The floating sound world, which seems to have reproduced the sound that might have resonated somewhere in this world, brings about a dangerous balance between the sense of déjà vu and the sense of accelerating world.
I was suddenly fascinated by a woman in a kimono who looks at her smartphone with all her heart.
I was inspired by Vermeer's "Girl Reading a Letter at the Open Window", which left a masterpiece based on a letter popular in the Netherlands in the 17th century.
and I go back 400 years ago.
This work was seen in Dresden in the gloomy trend, women seemed to be growing increasingly feelings to the lover who is far away.
In the 21st century, letters are in your hands to keep space and time gaps, while transforming into smartphones.

[1990年代にピアノとベースだけでエリックサティの家具の音楽の様に奏でられていた小品を、小気味良いリズムに乗せて、jazzyなポップチューンへリメイクした。
この世界のどこかで響いていたかもしれない音を、いま、ここに再現したかのような浮遊感のある音世界は、既視感と加速する世界感の危うい均衡をもたらしている。
ふと見かけた和服姿の女性が一心にスマートフォンに見入る姿に魅せられた僕は、17世紀のオランダで普及した手紙を題材に名作を残したフェルメールの「窓辺で手紙を読む女」へと400年の時を遡る。
ドレスデンで見た本作は陰鬱な基調で、女性は遠くにいる恋人に想いを募らせているように見えた。
21世紀の現在、手紙はスマートフォンへと姿を変えつつも、空間や時間の隔たりを繫ぎとめるために、あなたの手の中にある]


trial listening



[ Lyric ]

Will-Girl Reading a Letter at an Open Window
(Will-窓辺で手紙を読む女)

Far away, 文に、秘めた、言葉
離れても、想いは、募ってゆく
読み返す、あなたのメール

止まない、雨の、闇に、消えた
移りゆく、季節に、埋もれてゆく
遠い記憶の欠片

止まない、雨の、闇に、消えた
移りゆく、季節に、埋もれてゆく
遠い記憶の欠片

discography

Fractal Song Released.


Writer :


Type/ : 2020-12-26 / discography


Fractal

Please listen to music -> Release Site List

The wind that crosses the bamboo grove, the ripples that spread in the puddle, and the waves spread from the river to the ocean and remember everything in the past.
As descendants of Stardust, we can feel the beauty of this world, but realize that we do not know any secrets of this world.
The song was born in the 1980s when the "Fractal" advocated by French mathematician Benoit Mandelbrot was introduced to Japan.
The "Fractal" seems to have unraveled one of the secrets of the world, but the natural world continues to exist with beauty, as if asking further mysteries.
Pursuing the comfort of sound with a free arrangement that deviates from the band style, it is a work that has stepped into a new frontier that is different from the previous NewsGathering.
The song, in which the two lyrics proceed at the same time, made it possible to enjoy the contrast between the voice qualities of Hoji and Kunio.
Clapping, Percussion, and Tapping Bass,to draw the play of sound on this physical rhythm.
Minimal music, which repeats scene changes with a visual technique, reaches the boiling point with an exploding Guitar and returns to the bamboo grove again.


[竹林を渡る風、水たまりに広がる波紋、波は川から大洋へと拡がり過去の全てを記憶する。
星屑の子孫である私たちは、この世界の美しさを感じることはできるが、この世界の秘密を何一つ知らないことを悟る。
フランスの数学者ブノワ・マンデルブロが提唱したフラクタルが、日本に紹介された1980年代にこの曲は生まれた。
世界の秘密の一つを解き明かしたように思えたフラクタルであるが、自然界はさらなる謎を問いかけるように、、今も美しさを湛えて存在し続けている。
バンドスタイルを逸脱した自由なアレンジで音響の心地良さを追求し、これまでのNewsGatheringとは一線を画した新しい境地に踏み込んだ作品となっている。
ふたつの歌詞が同時進行する歌は、ホージとクニオの声質の対比を楽しめるようにした。
クラッピング(手拍子)とパーカッション、そして両手で弦を叩くタッピング奏法ベースによる、肉体的リズムの上に音の戯れを描く。
映像的手法で場面転換を繰り返すミニマルミュージックは、炸裂するギターで沸点に達し、再び竹林の中に帰っていく]


trial listening



[ Lyric ]

Just like a ripple of rain on a puddle of rain. Sea wave never knows time.
水たまりに降る雨の波紋のように。海の波は時を知らない。
(Just...............love rain day..................and I see.)
(ただ雨の日が好き、そして分かった。)
Watch the circle line on your last night only a star light.
昨夜、環状の線を星の光だけで見た。
(Wall............full line curved...... I saw only a star light.)
(ずっと曲線を描く壁、私には星の光しか見えなかった。)
(We never know yo) Just a shape Whole world.
(私たちはあなたを知らない) 全世界を形作るあなたを。

Dust of the universe, only past light. Reasons recognized real.
宇宙の塵、過去の光、本当の理由が分かった。
(Dance.........river run...............and I read.)
(踊るような川の流れを、私は読みとる。)
Just make s source of life, on the asteroid. Orion star light.
小惑星で生命の源を作る。オリオン座の星の光。
(Just..................of life seed......... I see Orion star light)
(それは生命の種、オリオン座の星の光を見る。)
(We never know yo) Just a shape Whole world.
(私たちはあなたを知らない) 全世界を形作るあなたを。

Blowin’ in the wind across in the bamboo grove. Seasons responds to life.
竹林に風が吹き渡る。季節は人生に反応する。
(Blow..................across green...............and I see.)
(緑を風が吹き渡る、そして分かった。)
Just kidding make a lie for your proud mind, only a star dust.
あなたの誇り高き心に嘘をついたのはほんの冗談、ただの星屑。
(Just..................a lie told............... I saw only a star dust.)
(嘘をついた、星屑だけを見ていた。)
(We never know yo) Just a shape Whole world.
(私たちはあなたを知らない) 全世界を形作るあなたを。


discography

Hope of End Song Released.


Writer : ng


Type/ : 2020-10-01 / discography


Hope Of End

Please listen to music -> Release Site List


Based on the song that was played around 1990 as a duet song for piano and bass, This song was reborn with a new colorful arrangement with vocals and chorus added.
Asai,Yoshiharu is in charge of vocals as a storyteller, and Ishimoto Matsushi's guitar and Kawasaki Kunio's chorus bring about a catharsis of liberation.
Hope Of End is about "hope for rebirth" and sings about liberation from "depression", which has captured many people living in this "covid19"era.
This song is based on the Plato's allegory of cave, and after wandering in a nightmare, in the late autumn, in awe of the land of fertility, it is a story of hoping a gift (Grace Thing) in the bright morning sun.
We want you to enjoy a peaceful time from late autumn to Christmas.

[ピアノとベースのデュオ曲として1990年頃演奏されていた曲を元に、ヴォーカルやコーラスを加え色彩豊かな新アレンジで生まれ変わった。
浅井芳治が語り部としてヴォーカルを担当し、石本松志のギターと河崎邦生のコーラスが解放のカタルシスをもたらしている。
Hope Of Endは「再生への望み」を主題とし、このコロナの時代に生きる多くの人が囚われている「鬱」からの解放を歌っている。
プラトンの洞窟の比喩をモチーフに、悪夢の中を彷徨った末、晩秋の豊穣な大地への畏敬の念を持って、朝日の中で賜りもの(Grace Thing)を希求する物語。
季節は晩秋からクリスマスの頃、安らかなるひと時を楽しんでいただきたい]

trial listening



[ Lyric ]

Cave analyze make a lie oversight, on our journey stay here.
(洞窟の寓話は嘘を見落としている、僕らの旅はここに留まる)
Sleep on the night, I was fought overcome nightmare sleeping with cry.
(眠りについた夜、泣き叫びながら眠りの悪夢と戦った)

I saw light from grave in cave, I try hope to live.
(洞窟の墓から光を見た、僕は生きる希望にかけることにした)
I saw light from lonely night, you seek me out.
(孤独な夜に光を見た、君は僕を探し出す)
We hope the grace thing.
(僕らは恵みを待ち望む)

Shape on the line on the sight, dear life was deep breathing on smile.
(視準線上に浮かぶ姿、いとしき生命が微笑みながら深呼吸する)
I wanna kiss on the earth in the bright morning light like big smile.
(満面の微笑みのような輝かしい朝日の中で大地にキスしたい)

I saw light from grave in cave, I try hope to live.
(洞窟の墓から光を見た、僕は生きる希望にかけることにした)
I saw light from lonely night, you seek me out.
(孤独な夜に光を見た、君は僕を探し出す)
We hope the grace thing.
(僕らは恵みを待ち望む)

discography

Phantom Vibration Syndrome Song Released.


Writer : ng


Type/ : 2020-09-14 / discography


Phantom Vibration Syndrome

Please listen to music -> Release Site List


Phantom Vibration Syndrome is a phenomenon in which a cell phone or smart phone that should not be ringing feels like it is vibrating.
The phone call from her who should have died.and "I" would be still connected with her in the spiritual world.
The composition of this song has been performed since the beginning of 2020, and the theme is the fundamental emotion that wants to be connected to something while feeling the uneasiness of the world.
Using the extended chords, They plays what lies deep inside the hearts of the human beings who live in the present day, with a free sound world that is not obsessed with ready-made music.
Asai,Yoshiharu and Kawasaki,Kunio sing like a conversation,and Neutorino, a singing voice synthesizer that uses neural networks, adds color with scat.
The cover art drew NewsGathering playing next to the red telephone booth still on the streets of London.
If you feel that your smartphone is vibrating while listening to this song, you are also a member of Phantom Vibration Syndrome.

[Phantom Vibration Syndromeとは、幻想振動症候群と言われ、鳴っていないはずの携帯電話やスマート・フォンが振動しているように感じてしまう現象のことである。
亡くなったはずの彼女からの電話、そして、今なお精神世界で繋がっていると思っている「僕」。
この曲の作曲は2020年初めから行われ、世界を包む不安な気配を感じながら、何かと繋がっていたい根源的な情動をテーマにした作品である。
拡張されたコードを用いながら、既成の音楽にとらわれない自由な音世界によって、現在を生きる人類の心の奥底にあるものを奏でている。
浅井芳治と河崎邦生が掛け合いでボーカルをとり、ニューラルネットワークを用いた歌声シンセサイザーのNeutorinoがスキャットで彩を添えている。
ジャケット画はロンドンの街角に今もある赤い電話ボックスの傍で演奏するNewsGatheringを描いている。
曲を聴きながら自分のスマートフォンが振動している気がしたら、あなたもPhantom Vibration Syndromeの仲間です]

trial listening



[ Lyric ]

We’re apart far away, Like torn up flesh and blood
(僕たちは遠く分かたれ、引き裂かれた肉と血のように)

You call me again, From world after life
(君は死後の世界から再び僕に電話をかける)
I feel the vibe, from my phone slightly
(僕は携帯電話からかすかな振動を感じる)

We’re connected in, Sacred astral world
(僕たちは聖なるアストラル界でつながっている)

You call me again, From world after life
(君は死後の世界から再び僕に電話をかける)
I feel the vibe, from my phone slightly
(僕は携帯電話からかすかな振動を感じる)


discography

Nymphs Song Released.


Writer : ng


Type/ : 2020-08-07 / discography


Nymphs

Please listen to music -> Release Site List

The original song was played only once in Kanazawa by Isis, the predecessor of News Gathering, in April 1981.
Although it was a serious instrumental song that follows the flow of French progressive rock, it was completely renewed and revived as a neo-pop that makes us feel the coming new era.
The polyrhythm of the middle part evolved into the magnificent minimal music by developing the original song.
One day, after passing the singularity,a man undergoing robotic surgery (Da Vinci surgery) to prolong life. he sings his own recollection and anxiety about
The theme is that human beings who have undergone surgery to prolong life have become like a nymph.
He drew the after singularity world ,in a tribute to Stanly Kubrick's 2001 a Space Oddessy.

[原曲は1981年4月にNews Gatheringの前身であるIsisが金沢でたった一度だけ演奏した。
フレンチ・プログレッシブ・ロックの流れをくむシリアスなインスト曲であったが、全面的にリニューアルし、来るべき新時代を感じさせるネオ・ポップとして蘇った。
中間部のポリリズムは、原曲を発展させ壮大なミニマル・ミュージックへと変貌した。
シンギュラリティを経過したある日、長寿命化のためのロボット手術(ダ・ビンチ手術)を受ける男の、回想と不安を歌っている。
キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」をオマージュにシンギュラリティ以降の世界を描きながら、長寿命化手術を受けた人間は、妖精のような存在になっていくという予感をテーマとしている]

trial listening



[ Lyrics ]

See you again, On a sun shining day-.
(ある晴れた日にまた会いましょう)
Never I will, Forget you forever
(俺はお前のことを永遠に忘れない)

What was I born to do, By singularity
(シンギュラリティで何をするために生まれてきたのか)
Watch for a sudden stop, She said that I’ll never die
(突然の停止に注意せよ、あなたは絶対死なないって彼女は言ってた)

Lie on a cold, Operating black table
(冷たく黒い手術台に寝かされて)
I‘m waiting for Da Vincis surgery
(ダヴィンチ手術を待っている)

Catch me your memories, I sympathize with you
(お前の記憶を取り込むと、お前に共感する)
Touch me with hands of soul, Someday just once I want to Cry
(心の手で触れてくれ、いつの日か一度泣いてみたい)

What was I born to do, By singularity
(シンギュラリティで何をするために生まれてきたのか)
Watch for a sudden stop, She said that I’ll never die
(突然の停止に注意せよ、あなたは絶対死なないって彼女は言ってた)

Catch me your memories, I sympathize with you
(お前の記憶を取り込むと、お前に共感する)
Touch me with hands of soul, Someday just once I want to Cry
(心の手で触れてくれ、いつの日か一度泣いてみたい)

Hold a security, Hold a security, Hold a security,

discography

Dance Alone Song Released.


Writer : ng


Type/ : 2020-08-07 / discography


Dance Alone

Please listen to music -> Release Site List

The original song was an instrumental piece that was frequently played in Tokyo, Osaka, and Kyoto around 1989, when Asai,Hoji (Piano) and Kawasaki,Kunio (Bass) ware as small unit of The News Gathering.
The official recording is recorded on the "Colorful" self-produced tape.
In addition to the clever Spanish tunes, the addition of Ishimoto,Matsushi's guitar created a new colorful arrangement.
Drawing on a lonely dancer who dances alone while thinking of a fleeting adult love. Clasico Espanol as a classical dances, Fandango danced by two people ,and Boléro etc, This is a unique songs that capture the charm of Spanish dance.

[原曲は1989年頃、News Gatheringの最小ユニットとして浅井芳治(Piano)と河崎邦生(Bass)が2人で活動していた時代に、東京、大阪、京都で頻繁に演奏されたインスト曲。
公式録音は自主製作テープの「Colorful」に収録。
得意とするスパニッシュな曲調に加え、石本松志のギターが加わることで一層の色彩感に彩られた新アレンジとなっている。
儚い大人の恋を想いながら、一人で踊る孤独なダンサーを描きつつ、古典舞踊のクラシコ・エスパニョール、2人で舞うファンダンゴ、ボレロといずれもスペイン舞踊の魅力を取り込んだ異色の曲]

trial listening



[ Lyrics ]

始まりは身を寄せて First Step、クラシコ・エスパニョール
移り気なアジサイは Sadistic、 月夜の熱い罠、また始まるボレロ

かりそめの恋に酔う Love Sick、2 人は見つめ合う
ありふれた恋だから Erotic、散りゆく花のよう、終わりのないボレロ

とめどなく流れ落つ、Tears Drops、優しく抱き寄せる
悲しげに目を伏せて、Lip Stick、唇濡れそぼる、2 人でファンダンゴ

永久に舞う命の戯れ、触れた手をすり抜け、
はらりと散りゆく花のように、風に舞う、我ひとり。

揺らめいて陽炎の Shadow、儚く消えてゆく
LastDance 君だけに Mystic、闇夜に燃え上がる、ただ一人のボレロ