discography

Nymphs Song Released.


Writer : ng


Type/ : 2020-08-07 / discography


Nymphs

Please listen to music -> Release Site List

The original song was played only once in Kanazawa by Isis, the predecessor of News Gathering, in April 1981.
Although it was a serious instrumental song that follows the flow of French progressive rock, it was completely renewed and revived as a neo-pop that makes us feel the coming new era.
The polyrhythm of the middle part evolved into the magnificent minimal music by developing the original song.
One day, after passing the singularity,a man undergoing robotic surgery (Da Vinci surgery) to prolong life. he sings his own recollection and anxiety about
The theme is that human beings who have undergone surgery to prolong life have become like a nymph.
He drew the after singularity world ,in a tribute to Stanly Kubrick's 2001 a Space Oddessy.

[原曲は1981年4月にNews Gatheringの前身であるIsisが金沢でたった一度だけ演奏した。
フレンチ・プログレッシブ・ロックの流れをくむシリアスなインスト曲であったが、全面的にリニューアルし、来るべき新時代を感じさせるネオ・ポップとして蘇った。
中間部のポリリズムは、原曲を発展させ壮大なミニマル・ミュージックへと変貌した。
シンギュラリティを経過したある日、長寿命化のためのロボット手術(ダ・ビンチ手術)を受ける男の、回想と不安を歌っている。
キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」をオマージュにシンギュラリティ以降の世界を描きながら、長寿命化手術を受けた人間は、妖精のような存在になっていくという予感をテーマとしている]

trial listening



[ Lyrics ]

See you again, On a sun shining day-.
(ある晴れた日にまた会いましょう)
Never I will, Forget you forever
(俺はお前のことを永遠に忘れない)

What was I born to do, By singularity
(シンギュラリティで何をするために生まれてきたのか)
Watch for a sudden stop, She said that I’ll never die
(突然の停止に注意せよ、あなたは絶対死なないって彼女は言ってた)

Lie on a cold, Operating black table
(冷たく黒い手術台に寝かされて)
I‘m waiting for Da Vincis surgery
(ダヴィンチ手術を待っている)

Catch me your memories, I sympathize with you
(お前の記憶を取り込むと、お前に共感する)
Touch me with hands of soul, Someday just once I want to Cry
(心の手で触れてくれ、いつの日か一度泣いてみたい)

What was I born to do, By singularity
(シンギュラリティで何をするために生まれてきたのか)
Watch for a sudden stop, She said that I’ll never die
(突然の停止に注意せよ、あなたは絶対死なないって彼女は言ってた)

Catch me your memories, I sympathize with you
(お前の記憶を取り込むと、お前に共感する)
Touch me with hands of soul, Someday just once I want to Cry
(心の手で触れてくれ、いつの日か一度泣いてみたい)

Hold a security, Hold a security, Hold a security,

discography

Dance Alone Song Released.


Writer : ng


Type/ : 2020-08-07 / discography


Dance Alone

Please listen to music -> Release Site List

The original song was an instrumental piece that was frequently played in Tokyo, Osaka, and Kyoto around 1989, when Asai,Hoji (Piano) and Kawasaki,Kunio (Bass) ware as small unit of The News Gathering.
The official recording is recorded on the "Colorful" self-produced tape.
In addition to the clever Spanish tunes, the addition of Ishimoto,Matsushi's guitar created a new colorful arrangement.
Drawing on a lonely dancer who dances alone while thinking of a fleeting adult love. Clasico Espanol as a classical dances, Fandango danced by two people ,and Boléro etc, This is a unique songs that capture the charm of Spanish dance.

[原曲は1989年頃、News Gatheringの最小ユニットとして浅井芳治(Piano)と河崎邦生(Bass)が2人で活動していた時代に、東京、大阪、京都で頻繁に演奏されたインスト曲。
公式録音は自主製作テープの「Colorful」に収録。
得意とするスパニッシュな曲調に加え、石本松志のギターが加わることで一層の色彩感に彩られた新アレンジとなっている。
儚い大人の恋を想いながら、一人で踊る孤独なダンサーを描きつつ、古典舞踊のクラシコ・エスパニョール、2人で舞うファンダンゴ、ボレロといずれもスペイン舞踊の魅力を取り込んだ異色の曲]

trial listening



[ Lyrics ]

始まりは身を寄せて First Step、クラシコ・エスパニョール
移り気なアジサイは Sadistic、 月夜の熱い罠、また始まるボレロ

かりそめの恋に酔う Love Sick、2 人は見つめ合う
ありふれた恋だから Erotic、散りゆく花のよう、終わりのないボレロ

とめどなく流れ落つ、Tears Drops、優しく抱き寄せる
悲しげに目を伏せて、Lip Stick、唇濡れそぼる、2 人でファンダンゴ

永久に舞う命の戯れ、触れた手をすり抜け、
はらりと散りゆく花のように、風に舞う、我ひとり。

揺らめいて陽炎の Shadow、儚く消えてゆく
LastDance 君だけに Mystic、闇夜に燃え上がる、ただ一人のボレロ

  • Discography