discography

"TimeLess Village" Song Released.


Writer :


Type/ : 2021-04-15 / discography


TimeLess Village

Please listen to music -> Release Site List


1990年代に演奏された原曲を2020年代の耳で聞くと、最近のミニマルジャズのように聞こえる。
新アレンジでは、NewsGathering初登場となるイシモトマツシのリードヴォーカルを加えて、21世紀の進歩的音楽へと変貌を遂げた。
弦楽四重奏団やサックス奏者を加えた大編成のNewsGatheringが仮想の演奏場所に選んだのは、
アンドレイ・タルコフスキー 監督の”ノスタルジア“のラストシーンの舞台となったトスカーナ州サン・ガルガーノ修道院。
廃墟に浮かぶ丸い虹は、Timeless、即ち時空の調和を象徴している。
時空のゆがみから舞い降りるSchizoid Voiceに端を発し、白日夢のような物語が繰り広げられる。

When you listen to the original song played in the 1990s with your ears in the 2020s, it sounds like a recent minimal jazz.
In the new arrangement, NewsGathering's first appearance, Ishimoto Matsushi's lead vocal, has been added, transforming it into progressive music in the 21st century.
NewsGathering, a large organization that includes a string quartet and a saxophonist, chose the virtual performance location.
The Monastery of San Gargano, Tuscany, was the setting for the last scene of Andrei Tarkovsky's "Nostalgia".
The round rainbow in the ruins symbolizes Timeless, the harmony of space-time.
A daydream-like story is told, starting with Schizoid Voice, which falls from the distortion of space-time.


trial listening



[ Lyric ]

-時間の中に、瞳が映り、
瞳の中に、宇宙が宿る-

どこから 聞こえてくるの、
これは 歌声なのか
旋律は 繰り返し、
ただ少女は 踊る

ワタシは.. つぶやく少女 
ためらいが 白い頬に
濃い霧が 漂って、
なお遠く 伏し目がちに

-鳥は眠り、花瓶はとろけ、
視界は歪み、時空は重力-

瞳を 虹色に染め
雨雲の 切れ間に
赤と黒の空が
湿って シャツににじむ

暖炉の 炎が揺れて、
永遠の ときが凍り
外界は 最後のひとり
ただ少女は 踊る

-薪が跳ねて、グラスが踊る、
静止したシュール、時計は暗黒-